ダナン・ホイアン発 少数民族カトゥー族と交流ツアー <日本語ガイド/昼食>

概要

ベトナムに独自の伝統文化や言語を持ち、豊かな森の恵みを享受しながら、農業や採集、狩猟による半自給自足的な生活を送っている民族がいるのをご存知ですか?カトゥー族は独特の芸術センスを持ち、美しい伝統織物を使った衣装を身にまとい、家屋には目を見張るような見事な彫刻を施しています。日本語ガイドと共にカトゥー族の村を訪問してみましょう。

ハイライト

  • ベトナム政府の入村許可が必要だった秘境にある村を訪問。
  • 独自の伝統文化や言語を持つカトゥー族との交流ツアー。
  • 昼食はカトゥー族のおもてなし料理を堪能!
  • 日本語ガイドが同行するので安心。

キーワード

注意事項

- 最少催行人数:2名 - こちらのツアーは、少数民族の地域活性化に貢献するものとして日本のNGO「公益財団法人国際開発救援財団(FIDR)」のサポートを受けて行っております。ツアー参加費の一部は、地域の人々の手により、地域のために活用されます。

詳細

ベトナムには独自の伝統文化や言語を持ち、豊かな森の恵みを享受しながら、農業や採集、狩猟による半自給自足的な生活を今も送っている民族がいます。 ベトナムの少数民族「カトゥー族」は独特の芸術センスを持ち、紺地に白いビーズを編み込んだ美しい伝統織物を使った衣装を身にまとい、集会所の柱には目を見張るような見事な彫刻が施されています。 交流ツアーで訪問できる村は、ハーブ村、伝統文化村、ライフスタイル村、自然探索村、ファミリー体験村、カトゥー織り村の計6つです。それぞれの特徴をもったこの村の中から2つの村を巡ります。 午前中、カトゥー族の村に到着したら、まずは1つ目の村を散策しましょう。自然トレッキングや村人との交流をした後は、豊かな自然からの恩恵を受け生活している彼らの生活を一部体験してみましょう。(サトウキビの生絞りなど) ランチはカトゥー族のおもてなし料理を頂きます。 Lam(ラム)と呼ばれる竹筒の中に入れて炊いたもち米や、Zara(ザラ)という茄子、鳥、豚肉などを蒸し焼きにしたものなどが提供されます。カトゥー族にとってかかせない調味料である、森の胡椒と呼ばれる、山椒に近いものがとっても美味しいです。 午後は2つ目の村へ移動します。伝統織物の織場見学や織物体験をしてみましょう。製作、販売、運営を村の女性たちがすべて担い、伝統手工芸村として認定されているカトゥー村。ひとつの糸から生まれる織物作りを体験してみましょう。

選択したプラン