ハノイ観光+ドゥンラム村 1日観光ツアー<日本語ガイド/昼食付>

概要

ドゥンラム村は、ハノイ近郊の最も古い村の一つで、ベトナム北部の伝統的な街並みが残り、2005年にベトナムで初めて村全体が文化遺産に指定された歴史ある場所です。100年前から時の流れが止まったかのようなセピア色の街並みを歩くと、まるでタイムスリップしたような錯覚に。 ベトナム伝統芸能「水上人形劇」の発祥地とも呼ばれている「天副寺」や村の象徴的存在の「タイフォン寺」も訪れます。

ハイライト

  • ハノイ市内観光とドゥンラム村を1日で巡ります
  • ドゥンラム村はノスタルジックな風景が広がり撮影スポットとして大人気
  • 水上人形劇発祥の地ドゥンラム村&ベトナム4大寺院天副寺を見学

キーワード

注意事項

- ツアースケジュールは天候、交通状況等により変更、中止になる場合があります。 - 「ホーチミン廟」は毎週月曜日、金曜日は休館となります。廟内に入る場合、半ズボンやノースリーブ、ひざ上丈のスカート、サングラスなどは禁止されています。 ※10~11月は日に関係なく休館となることもございます。

詳細

ベトナム・ドゥンラム村は、ハノイ近郊の最も古い村の一つです。ベトナム北部の伝統的な街並みが残り、2005年にベトナムで初めて村全体が文化遺産に指定された歴史ある場所です。 100年前から時の流れが止まったかのようなセピア色の街並みやレンガ敷きの小道はノスタルジックな雰囲気で、まるでタイムスリップしたような錯覚におちいります。 ベトナムの4大寺院の天副寺は、ベトナム伝統芸能「水上人形劇」の発祥地とも呼ばれています。また、困りごとがあると人々が祈りにいく、村の象徴的存在のタイフォン寺も訪れます。 【ホーチミン廟】 1975年9月2日の建国記念日に建てられた総大理石造りの廟には、ベトナム建国の父「ホーチミン主席」の遺体がガラスケースに入れられて安置されています。 ※ホーチミン廟注意事項 - 月曜日と金曜日、午後の時間は閉館となります。 - 祝日や観光客の多い日等、入場までお時間がかかる場合がございます。 - 長時間待つことが予想される場合、ハノイ大教会へと変更になる場合がございます。予めご了承ください。 【タンロン遺跡】 11世紀から約800年にわたりベトナム王朝の都のタンロン遺跡は、2010年に世界文化遺産に登録されました。タンロン(昇龍)はハノイの旧称。フランス植民地時代には仏軍司令部として、ベトナム戦争ではベトナム人民軍の司令部としても使用されました。 【一柱寺(いっちゅうじ)】 池に浮かぶ蓮の花のような仏教寺院で建物は一本柱で支えられています。 ※ホーチミン廟および一柱寺が見学できない場合は、ハノイ大教会観光(下車)と鎮国寺へご案内します。 【文廟】 1070年、孔子を祀るために建立された廟です。1076年には境内にベトナムで初めての大学が開設され、多くの学者や政治指導者が輩出している名門となりました。 【ホアンキエム湖】 ハノイの中心にある湖で市民の憩いの場となっています。 【ドゥンラム】 ランチは趣ある古民家(Nha Co)でベトナム北部の田舎料理をお召し上がりください。その後、1632年に建立され、全287体の仏像が安置されている「ミア寺」やドゥンラム村の中でも古い町並みが残っているモンフー地区にある「モンフ―亭」を訪問しながら、ドゥンラム村の散策を楽しみましょう。

選択したプラン