クアラルンプール発 イスラム文化を感じるアートツアー<日本語ガイド/送迎/ランチ>

概要

多民族国家マレーシアでは人口の6割以上がイスラム教を信仰しています。 フェデラルテリトリーモスク、イスラム美術館を見学しながらイスラム文化に触れてみませんか?バティック(ろうけつ染)作製体験やローカルフードの昼食も楽しめるツアーです。

ハイライト

  • 普段触れることのないイスラム文化に触れてみましょう!
  • 青いドームが特徴の穴場モスクを訪問
  • 伝統工芸品のバティック作成はお土産にもおすすめ!
  • ローカルフードのランチ付き

キーワード

注意事項

- 2名様よりご予約頂けます。 - イスラム教の休日、礼拝行事等でモスクに入場できない場合は外観からのご案内となります。 - スケジュールは交通事情、現地事情等により変更の場合があります。 - モスクへの入場の際は、女性は無料貸し出しのマントやヒジャブで肌と髪の露出を隠していただきます。 - 男性でも、短いショートパンツやタンクトップなどでは入場の際に不可となることがございます。 <下記の方はご参加いただけませんのでご了承ください> - 階段をご自身で上がれない方 - ご自身での階段昇降は無理であるが介助者がご同行いただくことで昇降が可能な方 - 介助者が同行する車椅子をご利用の方

詳細

多民族国家であるマレーシアは人口の6割以上がイスラム教を信仰しています。青いドームが印象的な「フェデラルテリトリー・モスク」やイスラム美術館を見学しながら、普段あまり馴染みのないイスラム文化に触れてみませんか? マレーシアの伝統的手工芸品のバティック(ろうけつ染)作製を体験したり、ローカルフードのランチも楽しめる半日ツアーです。 【フェデラルテリトリー・モスク】 「Masjid Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur(KL Federal Territory Mosque)」は直訳すると、クアラルンプール特別市にある連邦直轄モスクという意味です。トルコのブルーモスクの影響を強く受けているフェデラルテリトリー・モスクは、3つの地域のイスラム様式を取り入れて建築されました。マレーシアならではの木彫や特有の草花デザインを施したモスクで、美しい22のドームが並びます。ガイドブックでは紹介されていない穴場的なモスクです。

選択したプラン