コタキナバル発 世界遺産キナバル公園+キャノピーウォーク+ポーリン温泉<日本語ガイド/送迎>

概要

マレーシアの世界遺産「キナバル公園」を満喫する1日ツアーです。ボタニカルガーデンを散策後は竹が生い茂るポーリン温泉で足湯。ジャングルの中にかかる吊り橋を渡るキャノピーウォークはスリル満点!運が良ければ世界最大の花ラフレシアも見られるかもしれません。

ハイライト

  • 世界遺産
  • 公園内のボタニカルガーデンにて熱帯雨林の雰囲気が満喫できます。
  • 吊橋渡りにも挑戦してみましょう。
  • ポーリン地区には温泉があり、足湯がお楽しみいただけます。

キーワード

注意事項

- 2名様よりご予約頂けます。 - 足腰の弱い方は参加をご遠慮ください。 - 交通事情により所要時間は異なる場合がございます。帰国日や移動日の参加はお受けできません。 - 大人1名、子供1名、計2名のみのご参加の場合、子供料金の適用はありません。 ※政府のコロナ感染防止対策の基準に従い、ツアーでご案内をしているポーリン温泉の足湯がお楽しみいただけません。期間は8月31日までを予定しておりますが、予告なく延長や変更になる場合がございます。

詳細

標高4000mを越すキナバル山を中心としたキナバル自然公園は世界自然遺産にも登録され、熱帯雨林や針葉樹、高山植物など様々な動植物が生息している公園です。 まずはキナバル山の1500m付近に位置するキナバル公園内のボタニカルガーデンへ。熱帯雨林の雰囲気を感じながら、散策を楽しみましょう。ウツボカズラや珍しい蘭などに出会える可能性もあります。 午後は、日本軍が発見し、周囲に竹が生い茂ったことからポーリン(現地の部族の言葉で「竹」の意味)と名付けたポーリン温泉へ。なんとこのポーリン温泉は日本軍が発見した天然温泉なんです。地上から41mの高さの木と木の間に吊るされた吊橋を渡るキャノピーウォークはスリル満点!空中散策のような気分を味わえます。ドキドキ体験の後は、ポーリン温泉の足湯でゆっくりくつろぎましょう。 たくさんのボルネオ固有種の植物と出会えたり、世界最大の花「ラフレシア」も運がよければ見つけることができる人気の1日ツアーです。コタキナバルの大自然を満喫しましょう!

選択したプラン