【直接入場】ルーブル美術館 優先チケット事前予約 フランス パリ

概要

世界で最も有名で、最も来館者数の多い、名実ともに世界最大級のミュージアムであるルーブル美術館。Rakuten Travel Experiencesで事前に入場チケットを予約して、当日はストレスなく入場しましょう!年間800万もの人々が訪れ、所蔵作品数は30万点以上。美術に興味があってもなくても、パリを訪れたら見ずには帰れない超有名観光スポットです。

ハイライト

  • 【簡単入場】事前予約で、常に大行列のチケットブースに並ぶ必要なし!
  • 【総面積はなんと東京ドーム1.2個分】世界有数の規模の展示スペースで、迷子になるほど広い!
  • 【世界に誇る至宝】「モナ・リザ」「ミロのヴィーナス」「サモトラケのニケ」など、ここでしか見られない大作は必見。
  • 【歴史の息吹】12世紀に建てられた城塞・ルーブル宮殿が、市民も王室コレクションを鑑賞できる場所へと変貌。
  • 【チケット引換え必要なし】QRコード付きのEチケットで簡単入場できます。

キーワード

注意事項

- 在庫状況により、ご希望の入場時間から30分ほど前後するチケットが確保される場合がございます。予めご了承ください。 - 入場チケットのみのオプションでは、18歳以上対象の大人チケットのみ販売しております。 - 選択された日時のみ有効です。 - 常設展と全ての企画展にご入場いただけます(企画展は混雑状況により、別途入場料が必要になる場合があります。あらかじめご了承ください)。 - チケットの使用方法(入場や引き換えについて)、及び、チケットの有効期限は、 ごく稀に予告なく変更される場合がございます。当日の入場方法や有効期限については、ご自身のメールアドレスに送信されたチケットが最新の情報になりますので、必ずご確認ください。

詳細

「ルーブル美術館」は、パリを訪れる観光客なら誰でも、いやそうでなくても世界中の誰もが知ると言っても過言ではない、世界一有名な美術館です。世界遺産であるパリのセーヌ河岸にも包括登録されており、パリでは必訪の観光スポットであることは、ここで述べるまでもないでしょう。 その起源はなんと12世紀に建設された城塞であり、以降は歴代のフランス王の宮殿としても使用された時代もありました。1793年に美術館として正式に開館して以来、膨大な数の王室美術品コレクションを市民でも鑑賞できる場所として親しまれてきました。8つの部門に分類されるルーブル美術館は、総面積60,600平方メートル(東京ドームのおよそ1.2個分にもなります)で、じっくり見学すると一週間はかかると言われています。 展示品は35,000点近くあるので、すべてを観ようとは思わず、まずは最低限以下に示す作品だけでも押さえておいて、あとは気ままに絵画を楽しむ、というつもりで回ってみましょう。 〜ルーブル美術館の作品のご紹介〜 【モナ・リザ】 言わずと知れた、世界で一番有名な微笑み。フランチェスコ・デル・ジョコンドの妻である、リーザ・ゲラルディーニの肖像が、通称「モナ・リザ」として全世界に知られています。この絵だけを目当てに来たという人も多いので、当然いつも「モナ・リザ」の前には人だかりが。しかしルーブルに来たからには、モナ・リザに会わずに帰るわけにはいきません。最優先でいきましょう。 【ミロのヴィーナス】 これも超有名彫刻作品で、ギリシャ神話における女神アフロディーテをモデルにしていると考えられていますが、作者も含め、詳細は不明です。ただ一度、日本にも来たことはありますが、現在はここでしか見ることはできません。不完全な形で残っていますが、だからこその魅力があります。さまざまな角度から眺めて、想像力を豊かにしましょう。 【サモトラケのニケ】 ギリシャが誇る、ヘレニズム時代彫刻作品の傑作で、サモトラキ島で発掘された、勝利の女神ニケを題材にしたものです。モナ・リザもミロのヴィーナスも「外出」したことがあるのに対し、こちらはルーブルに来てからは外に出たことがありません。だからこそ、ルーブル美術館の至宝というのは、実はサモトラケのニケだと言うスタッフもいます。高さは3メートル以上もあり、頭部のない女神像が、圧倒的な存在感で我々を迎えてくれます。 【7月28日-民衆を導く自由の女神】 ウジェーヌ・ドラクロワによって描かれた、1830年に勃発したフランス7月革命をテーマとした作品です。フランスのロマン主義的作品で、女性とその胸で自由と祖国を表現しています。シルクハット帽と銃を持って女性についていこうとする男性は、ドラクロワ本人と言われることも多いです。フランスを象徴するこの作品を、是非間近で鑑賞しましょう。 【メデューズ号の筏】 こちらもフランスロマン主義の傑作で、作者であるテオドール・ジェリコーの名を一躍有名にしました。ジェリコーは、1816年にセネガル沖で難破したメデューズ号の事件を綿密に調査し、フランスロマン主義絵画の象徴とされるこの作品を創り上げました。帆船時代における最も有名な海難事故、そしてそれに付随する悲劇的な人間模様を丁寧に描くことで、ジェリコー自身もロマン派絵画の先駆者とみなされるようになり、ドラクロワらにも影響を与えたと言われています。 ルーブル美術館は、パリの中でも特に人気があり、行列の絶えないスポットなので、効率の良さを求められます。Rakuten Travel Experiences経由のチケットで時間を節約し、ルーブルでの時間を良き思い出を作りましょう!

利用方法

★ご予約前 - 現地でご予約の際には、すぐにメールを確認できるアドレスをご登録ください。 - 携帯電話会社のアドレス(「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@i.softbank.ne.jp」など)でご登録されている場合、携帯の受信設定等でチケットが正しく受信出来ない可能性がございます。チケット受信のため、ご予約の際はパソコンのメールアドレスを推奨しております。 - Rakuten Travel Experiencesにご登録の際、メールアドレスの入力ミスが非常に多くなっておりますので、ご予約前にご登録のアドレスをご確認ください。メールアドレスの入力ミスにより当日ご入場できなかった場合の、返金及びキャンセルには対応いたしかねますので予めご了承ください。 ★ご予約後 - QRコード付きのEチケットはRakuten Travel Experiencesご登録のメールアドレスに送信されます。ご来場前に必ずメールの受信をご確認ください。 ★当日 - QRコード付きのEチケットをご提示して入場してください。 - ご予約時間の30分前には現地にご到着ください。 <チケットの手配について> - ご予約を受けてから空き状況を確認、チケットの手配を行うため、予約をした時点で体験確定ではございません。 - 大変人気のチケットのため、ご希望の体験希望日時が売り切れの場合、ご予約を承れない場合がございますので予めご了承ください。 - チケットの手配状況につきましては、必ずRakuten Travel Experiencesダッシュボードのメッセージをご確認いただくようお願いいたします。

選択したプラン