バルセロナ 旧市街 半日ウオーキングツアー<日本語ガイド/伝統的なタパスランチ>

概要

スペイン・バルセロナの旧市街を巡るプライベート、または少人数制のガイドツアーです。ローマ帝国から中世までの古代のモニュメントや、何世紀も前の物語を語る石を鑑賞しながら、当時の生活に思いを馳せましょう。ランチでは伝統的なタパスをご堪能いただけます。

ハイライト

  • バルセロナでローマ帝国と中世時代の歴史を感じましょう。
  • ゴシック地区やエルボルン地区の魅力的な通りを散策。
  • バルセロナの大聖堂 (サンタ・エウラリア)などのモニュメントを訪問。
  • プライベート、または少人数制のツアーなので、便利で快適にお過ごしいただけます。
  • ツアーの最後には、美味しいスペインのタパスをお召し上がりください!

キーワード

注意事項

- 英語または日本語でのご案内が可能です。ご予約の際にご希望の言語をお知らせください。 - 昼食に関するご要望は、ご予約チェックアウト時にお知らせください。

詳細

バルセロナ旧市街の魅力的な通りを歩きながら、時間をさかのぼります。ローマ帝国の植民地だったバルシーノで生まれたゴシック地区の主要なモニュメントや隠された秘密を訪ね、何世紀にもわたる歴史に思いを馳せてみませんか?また、中世の面影を残すエル・ボルン地区や、地中海貿易で財を成した人々の宮殿なども訪れます。 4時間のウォーキングツアーでは、カタルーニャのゴシック建築様式の代表でもあるサンタ・マリア・ダル・ピ教会からスタートします。専門のガイドがゴシック地区の狭い中世の通りをご案内しまう。ここはかつてローマの植民地であったバルシーノで、バルセロナの街が誕生した場所です。 12世紀のモニュメントである壮大なバルセロナ大聖堂(サンタ・エウラリア)に入り、中世の街並みであるエル・ボルンに行く前に、近くにある2,000年前のローマ時代の壁を鑑賞します。 ライエターナ通りを過ぎ、12世紀に漁師の町として作られたエル・ボルン地区に入ります。多くの貴族や実業家がこの地で海の交易で財を成し、華やかなゴシック様式の宮殿を建てました。その後、「貧しい人々の教会」と呼ばれるサンタ・マリア・デル・マール大聖堂を訪れます。 ツアーの最後には、伝統的なタパスを使った美味しいランチをお楽しみください!

選択したプラン