ソウル 北村韓屋村+景福宮+韓国国立博物館を巡る!半日観光ツアー<日本語ガイド/送迎>

概要

ソウルの景福宮(キョンボックン)、三清洞ギルロード、北村韓屋村(ブッチョンハンオクマウル)を訪れて古代韓国について学びましょう。また、韓国国立博物館では朝鮮時代から伝わる元王室の遺品、国立民俗博物館では歴史的な韓国の生活様式を見学します。

ハイライト

  • 韓国の伝統や文化体験を学ぶツアーです。
  • 北村韓屋村エリアを訪問し、韓国の伝統家屋を訪ねます。
  • 国立民俗博物館でや古代から現在に至るまで、韓国の生活について学びます。
  • 5つの宮殿の中で一番大きく、ソウルで最も美しいと言われる「景福宮」を見学。

キーワード

詳細

まず、明洞駅から1992年に開館した「韓国国立中央博物館」へ向かいます。景福宮、昌徳宮、昌慶宮、宗廟など、朝鮮時代の20,000王室の遺品が残る家屋を見学します。 次に、1395年に作られた王宮「景福宮」を訪問します。景福宮は、韓国の5大宮殿の中で最も美しいと言われています。ガイドと一緒に、修復されながら保存されている王宮について学びましょう。景福宮の敷地内にある「国立民俗博物館」では、韓国の文化的信念について学ぶこともできます。 国立民俗博物館を見学した後は、三清洞ギル道路を通ります。通りにはカフェや美術館、アンティークショップや有名なアートギャラリーが並んでいます。三清洞ギルに沿って立ち並ぶ建物は、独特でユニークな建築デザインが多く、建物を鑑賞しながら散策を楽しめます。 続いて、長い歴史を持つ韓国の伝統的な村「北村韓屋村」を訪れます。伝統的な村は多くの路地で構成され、600年の歴史ある都市環境が保存されてきました。韓屋では、韓国の伝統文化を体験できるイベントや、文化センター、レストラン、ティーハウスなどもあります。 最後に「トック(もち)博物館」を訪問します。このユニークな博物館は餅と、餅料理を作るための調理器具や台所用品を紹介しています。韓国の伝統儀式で用いられる餅や、180品種もある餅の展示をお楽しみください。

選択したプラン