【オンライン体験】首都圏 JR乗り放題きっぷ「休日おでかけパス」初心者練習編

概要

JR東日本の人気の乗り放題きっぷ「休日おでかけパス」を使って、首都圏の鉄道の旅を満喫しましょう!役に立つきっぷの使い方を説明しながら、「青春18きっぷ」等のルールも解説いたします。オンラインツアー終了後には、重要ポイントや各種ダウンロード先をテキストでお送りしますので、ご活用いただけます。

ハイライト

  • 思いつくままに知らない駅に降りて、探索してみませんか?
  • 衝動的に土日祝に出掛けても楽しめる方法をお伝えします。

キーワード

注意事項

- 1つの端末(PC、タブレット、スマホ等)で複数名がご参加する場合であっても、人数分の参加チケットをご購入下さい。大人1名様につきお子様2名様までは無料でご参加頂けます。(事前にお子様のご年齢をお知らせください。) - 本ツアーは、無料ウェブアプリZOOMを使用したオンライン上での体験サービスです。 - お客様ご自身で、ZOOMにアクセスするためのウェブカメラ、マイク、スピーカー、安定したネット環境、その他の動作環境をご用意いただきます。 - Zoomがうまく繋がらなかった等、催行会社の関与し得ない事由にてご参加いただけなかった場合の返金はございません。 - 本ツアーは動画や写真、パワーポイント、Google Earth等を用います。実際のライブ中継はございません。 - 本ツアーにはパソコンでの参加を推奨します。(画面に書き込んだり、クイズやチャットなどのコミュニケーション機能が操作しやすいためです。) - 本ツアーは双方向のコミュニケーションを重視しているため、原則、音声と映像をオンにしてのご参加をお願いします。(お子様のお声が大きい場合や周りの音が大きい場合、ミュートをお願いする場合もございますことご了承ください。)

詳細

【オンラインツアー紹介】 たまには、のんびり一人旅をしてみませんか?わずか約2700円で、首都圏の鉄道の旅を終日楽しめるJR東日本指折りの人気乗車券「休日おでかけパス」を徹底解剖いたします。 もちろん、友達同士、家族旅行、恋人同士でも楽しめるコース例をご紹介します。 また、「青春18きっぷ」や「北海道&東日本パス」、「週末パス」や「秋の乗り放題パス」等の使い方もわかりやすく解説します。 【担当ガイド】 - ツアーガイド:斉藤常治さん ゴールド免許保持者であるものの、運転に自信がないため、旅行の際は鉄道やバス等の公共交通機関と徒歩、レンタサイクル等で観光地を巡っています。これらの経験をもとに、基本的に車を使わずに楽しめるコースを作りたいと長年思ってきました。 鉄道ファン歴は40年以上で、趣味で「国内旅行業務取扱管理者」と「旅程管理主任者」をとり、「H.I.S.インバウンドツアー」も経験しました(各旅行社のオンライン&オフラインツアー総レビュー数350件以上の添乗員です)。 各地で観光ガイドの育成やツーリズムのコンサルティングを行うほか、観光関連書籍も多数出版しています。 【休日おでかけパス】 「休日おでかけパス」で乗り降りできる範囲は、東北線方面は自治医大や足利。高崎線方面は本庄早稲田。常磐線は土浦。東は成田空港、成東、茂原、君津。東海道方面は小田原、久里浜。西は大月、奥多摩、寄居までです。 鎌倉や小田原はもちろん、東京臨海高速鉄道線(りんかい線)も乗れるのでお台場や、東京モノレールで羽田空港にも行くことができます。 【休日おでかけパスのコース例】 - 地方から羽田空港、成田空港、東京駅に到着した当日、ホテルまでの交通費を節約しながら、1日首都圏で遊ぶ方法 - 外国からの友人に同行して一緒に楽しむ方法 - 家族と一緒に初めて(自由席料金を払って)新幹線に乗ったり、引退の噂されるドクターイエローやたくさんの新幹線を見に行く方法 - パワースポットの有名な神社仏閣、一の宮神社巡り - 1日で羽田空港と成田空港を楽しむ方法 - 少なくなってきた駅構内の立ち食いそばめぐり 【体験の流れ(約1時間)】 - オープニング(自己紹介、注意事項など) - 「休日おでかけパス」とは? - 鈍行旅の楽しみ - 乗り放題でも元をとりたい! - 衝動的に鉄道の旅に出た時の目的地の選定 - 「青春18きっぷ」「北海道&東日本パス」「週末パス」「秋の乗り放題パス」のルールや使い方 - チャットで重要ポイントや各種ダウンロード先をテキストで送付 - 終了

選択したプラン