ソウル 世界遺産「昌徳宮&宗廟」半日ツアー<午前・午後発/往復送迎/日本語ガイド>

概要

ソウルの世界文化遺産「昌徳宮(チャンドックン)」と「宗廟(チョンミョ)」を巡る半日ツアーです。韓国の歴史についてガイドの詳しい説明を聞きながら、楽しく見学しましょう。また、韓国伝統家屋が集まっている北村韓屋村も訪れます。短い時間でソウルの見所を効率よく観光したい方におすすめです。

ハイライト

  • 【宗廟】朝鮮時代の歴代の王と王妃の霊牌(神位)を奉った儒教祠堂です。
  • 【昌徳宮】朝鮮時代の宮闕建築を残す唯一の宮で、韓国を代表する宮殿です。
  • 【北村韓屋村】昔ながらの伝統家屋がそのまま保存されていて、朝鮮時代の雰囲気を味わえる場所です。

キーワード

注意事項

- 毎週月曜日は昌徳宮がお休みのため 、景福宮に変更になりますのでご了承下さい。 - 毎週火曜日は宗廟がお休みのため 、仁寺洞に変更になりますのでご了承下さい。 - ツアー当日参加者人数が3名様以下の場合、タクシーでの移動となりますので、予めご了承下さい。 - 徒歩による観光のため、歩きやすい靴をおすすめ致します。 - 現地事情により、観光順序や日程が変更されることがあります。 - 天災地変、又はその他の事情によりツアーの変更、又は中止される場合があります。 - 解散場所は明洞地域に限ります。明洞以外地域(例:東大門、南大門、ホテル)までは送迎出来ません。

詳細

"ユネスコの世界遺産に登録されている「昌徳宮(チャンドックン)」と「宗廟(チョンミョ)」、韓国固有の建築様式が使用された「韓屋」と呼ばれる韓国の伝統家屋が建ち並ぶ北村韓屋村も訪ねる半日ツアーです。 「昌徳宮(チャンドックン)」は、朝鮮時代の宮闕建築を残す唯一の宮です。王たちの憩いの場として使用された後苑は300年を超える巨木と池、東屋など造園施設が自然と調和を成しています。1997年にはユネスコ世界文化遺産として登録されました。 「宗廟(チョンミョ)」は朝鮮時代の歴代の王と王妃の霊牌(神位)を奉った儒教祠堂です。正殿と永寧殿からなる朝鮮時代の祀廟建築で、現在も儀礼が執り行われている韓国儒教の伝統を最もよく表した儀礼遺産です。その建築的価値などが評価され、1995年12月に世界文化遺産に登録されました。 「北村韓屋村」は景福宮と昌徳宮の間にあるエリアで、600年のソウルの歴史と共に朝鮮時代の貴族階級である両班(ヤンバン)の居住地域です。昔ながらの伝統家屋がそのまま保存されていて、朝鮮時代の雰囲気を味わえる場所です。"

選択したプラン