ソウル 韓国3大世界遺産「昌徳宮・宗廟・水原華城」1日観光ツアー<ランチ/往復送迎/日本語ガイド>

概要

ユネスコの世界遺産に登録されている昌徳宮(チャンドックン)、宗廟(チョンミョ)、水原華城(スウォンファソン)の韓国3大世界遺産を訪れる1日ツアーです。韓国の歴史について日本語ガイドの詳しい説明を聞きながら、楽しく観光しましょう。韓国の歴史が好きな方におすすめです。

ハイライト

  • 【昌徳宮】朝鮮時代の宮闕建築を残す唯一の宮で、韓国を代表する宮殿です。
  • 【宗廟】朝鮮時代の歴代の王と王妃の霊牌(神位)を奉った儒教祠堂です。
  • 【水原華城】朝鮮第22代王の正祖(イサン)が築いた城郭です。
  • 【華城行宮】水原華城内にある王の別邸として使われた宮。時代劇ドラマ撮影地としても有名です。

キーワード

注意事項

- 毎週月曜日は昌徳宮がお休みのため 、景福宮に変更になりますのでご了承下さい。 - 毎週火曜日は宗廟がお休みのため 、仁寺洞に変更になりますのでご了承下さい。 - 徒歩による観光のため、歩きやすい靴をおすすめ致します。 - 現地事情により、観光順序や日程が変更されることがあります。 - 天災地変、又はその他の事情によりツアーの変更、又は中止される場合があります。 - 解散場所は明洞地域に限ります。明洞以外地域(例:東大門、南大門、ホテル)までは送迎出来ません。

詳細

ユネスコの世界遺産に登録されている昌徳宮(チャンドックン)と宗廟(チョンミョ)、そして水原華城(スウォンファソン)を1日で巡る観光ツアーです。 「昌徳宮」は朝鮮時代の宮闕建築を残す唯一の宮です。王たちの憩いの場として使用された後苑は300年を超える巨木と池、東屋などの造園施設が自然と調和を成しています。1997年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。 「宗廟」は朝鮮時代の歴代の王と王妃の霊牌(神位)を奉った儒教祠堂。正殿と永寧殿からなる朝鮮時代の祀廟建築で、現在も儀礼が執り行われ、韓国儒教の伝統を最もよく表した儀礼遺産です。その建築的価値などが評価され、1995年12月に世界文化遺産に登録されました。 「水原華城」は朝鮮古来の築城法に加え、東洋・西洋の科学と技術が適用され、優れた機能性と建築美を兼ね備えています。現在も建設当時そのままの姿で残っており、建築史的にも高い価値を有する城郭として、1997年に世界文化遺産に登録されました。一年中、国内外からたくさんの観光客が訪れる水原の見所中の見所です。

選択したプラン